再生エネルギー特別措置法案といっても・・・

管総理の見苦しさは日を追うごとに激しくなっていきますね。一国の総理として、この態度はいかがなものかと悲しくなります。仙石さんでさえも「気違いに刃物」といっているようですが、権力と言う刃物を持った子供に日本を任せているような気になってしまいます。

その管総理は、再生エネルギー特別措置法案を今国会で成立させるといっています。聞こえは良いですが、この法案は太陽光などで発電した電力を電力会社が必ず買わなければならないという内容です。確かに良い事なのですが、その原資は利用者から徴収することになるので、発電していない家は電気代が上がる事になります。

太陽光パネルを設置できない集合住宅に住んでいる方や、パネルを設置する資金が無い方は値上げです。低所得者には辛い制度という事になります。

良いとか悪いとかではなく、このような法律を制定するのであれば充分な審議が必要ではないかと思うわけです。

それにしても、それをネタに権力の座にしがみつこうと言う態度が情けないですね・・・。潔い退陣をしないと別の意味で歴史に残ってしまうと思うのですが。

スポンサードリンク

TOP >  世の中の事  >  再生エネルギー特別措置法案といっても・・・

関連エントリー

TOP >  世の中の事  >  再生エネルギー特別措置法案といっても・・・

スポンサードリンク


  検 索