原発マラソン?関電が活躍

蒸し暑い日が続きますが、まだなんとかエアコンなしで過ごせますが、あと一か月もしないうちにそんな事いってられなくなるでしょう。はたして電力は大丈夫なんでしょうか???
福井県の美浜は関電の原発があって、なんと50%の電力を賄ってるんですね。全国の平均が30%程度ですから、関電の原発依存率は非常に高いんです。

その関西の電力を支える福井県は、定期点検後の再稼働に難色を示してます。福島を見ればそれもやむを得ないのかもしれませんけど。

その原発の待ち美浜でマラソン大会が開かれて、そこには、なんと約4000人の関電社員が参加したとか。この数字は過去最高ということで、上層部から指示が飛んだんでしょうね。道路の整備やらもやって、なんとか福井県に原発再開について首を縦に振っていただきたいということでしょうが、やっぱり根本的なところで、安全についてしっかりとした説明がないと難しいですよね。

原発の稼働は早期に行うべきだと思いますが、説明責任も重要です。安全対策に万全を期し、納得のいく説明をおこなうよう、関電・政府は努力して欲しいですね。

スポンサードリンク

TOP >  世の中の事  >  原発マラソン?関電が活躍

関連エントリー

TOP >  世の中の事  >  原発マラソン?関電が活躍

スポンサードリンク


  検 索