原発 炉心の真実は公表されてない

福島の原発は冷却作業を続けていますが、浄化装置から汚染水が漏れていて、またしても作業が遅れるようです。一番気になるのは、現在の状況と、冷温停止までの具体的な道筋ではないかと思います。

まず、現在の状況ですが、燃料が圧力容器を突き破って格納容器に落ちてしまうメルトスルーの状態だということですが、実際のところは、その格納容器さえも突き破って地面に落ちているという可能性が高いようです。建屋の地面はコンクリートですが、そのコンクリートを溶かしながら、どんどん地面に向かって進んでいるという事のようです。もちろん、目視しているわけではないので確実な事は言えないのでしょうが、今までの話を総合すると、東電の発表よりも、その状況のほうが正しいように思います。

こうなると、地下水を通じて汚染が広範囲に広がる事が心配されます。地面に落ちてしまった場合、解決する手段はあるんでしょうか?水をかければ汚染水がどんどん広がってしまいます。もう、放っておくしかないんでしょうか?

様々な可能性を示し、それぞれの状況への対策を示すのが原発を管理している東電の役目ではないかと思うのですが、いつも楽観的な事をいってばかりで全く真実が分かりません。

原発は、日本に必要な発電方法だと思いますが、このような対応をされると反原発の動きは大きくなると思います。嫌な報告ほど早くというのは会社人の鉄則ですから、せめてその位は守ってもらいたいものです。

スポンサードリンク

TOP >  世の中の事  >  原発 炉心の真実は公表されてない

関連エントリー

TOP >  世の中の事  >  原発 炉心の真実は公表されてない

スポンサードリンク


  検 索