原発撤退は良い事?

東電の株主も、原発からの撤退を求めているようで、自然エネルギーの開発を提案しているようです。それにしても、原発の撤退って東電・国民にとって良い事なのでしょうか?
将来を見越して徐々に開発を続けていくということであれば大賛成です。その家庭で効率的な方法も開発されるでしょうし、低価格化も実現していくと思います。

しかし、今現在はそういうわけにはいきません。まず、自然エネルギーへの転換には莫大な予算が必要です。太陽光パネルをもっと利用するという話もありますが、降雪地帯については1年の3分の1はほとんど発電できません。そもそも雪降ろしで苦労する地域に、更に屋根を重くする太陽光パネルを設置するなんてことが、多くの家でできるとは思えませんので、そうなれば設置エリアは限られてきます。また、太陽光は発電量が圧倒的に少ないですね。要するにコストが合わないという事になります。

その他には地熱や波力、深海での海水の動きを利用する方法等様々な方法がありますが、安定供給や発電量の点から、とてもじゃありませんが火力や原子力に変わるものとはなりえません。

では、火力に移行するという事になれば、コストが跳ね上がり、電気料金は高くなります。原発は嫌だ、でも値上げは嫌だというわけにはいきません。

原発は一たび事故を起こせば、その費用は火力の費ではないので、それならば火力でという人もいますが、CO2の問題もありますし、燃料枯渇の問題も出てきます。

やはり、原発の安全性を高めるという事が、最も現実的なんじゃないでしょうか。やみくもに反対と言っている人も、もう一度考えてみていただきたいと思います。

スポンサードリンク

TOP >  世の中の事  >  原発撤退は良い事?

関連エントリー

TOP >  世の中の事  >  原発撤退は良い事?

スポンサードリンク


  検 索