円高が進行 今後の流れは

円高がまたしても進行して、今週末は80円前半で引けました。アメリカの失業率悪化が大きな原因だと思いますが、この円高の流れは今後どうなるのでしょうか?


原発の問題や大震災の復興により、ただでさい危ない日本の財政は更に悪化する事は確実です。税収は今期については40兆円を見込んでいますが、次期は割り込むでしょう。消費税の5%増税によって増える税収はわずか10兆円ですから、歳出90兆円を超える日本の財布にはまさに焼け石に水。
さらに、増税による消費減退による税収減も考えられます。


これだけ悪い材料が揃っているにもかかわらず円が買われるのは、単にドル・ユーロよりはましという事だと思います。ギリシャやスペインの財政、アメリカの景気を見れば、そうなるのかもしれません。


ただ、このままでは、日本の財政破たんは確実だと思われますので、長期的に考えれば大幅な円安となると私は考えています。1ドル50円台になるという話もあります。もちろん、一時的にそうなる可能性はあるのでしょうけれども、今後の人口推移や政策を考えれば、やはり日本の財政は脆弱です。

とはいっても、数年レベルで考えるわけにもいかないので、当面どのような動きになるのか、これからの政策を注視し予測していきたいと思います。

スポンサードリンク

TOP >  世の中の事  >  円高が進行 今後の流れは

関連エントリー

TOP >  世の中の事  >  円高が進行 今後の流れは

スポンサードリンク


  検 索