菊池雄星、西部との交渉は

岩手の星、菊池雄星君の交渉権は西武が獲得しました。私は、てっきりメジャーリーグに進むんだとばかり思っていたので、ちょっと以外ですね。小さいころからの夢だったという事ですから。

 まぁ、プロの経験がまったくないうえに、まだ未成年ですから、ご両親、ご親戚も、いきなりアメリカで野球をするというと、やはり反対ということになるのかもしれません。

 ただ、有能な選手が海外に流出しないというのは、大歓迎です。これで来年もパリーグは盛り上がると思います。
 
 それにしても、このドラフト制度は、毎年いろいろな意見が出て、好きな球団に行けないのはおかしいといわれていますね。職業選択の自由に反するとか。
 私は、個人的には、「プロ野球」自体をひとつの会社と考えるべきなんじゃないかと思うんですよね。球団は支店みたいなものでしょうか。どこの球団に行くかは、どこに配属されるかという考え方をすれば、好きな球団に行けないというのは、当然の事になるわけです。

 圧倒的に巨人に行きたいという人が多くなると思いますので、そうなると戦力差がついてしまい、プロ野球が面白くなくなってしまいます。まぁ、弱い球団が育っていって強くなるという、楽天みたいなのも良いですが、やはり、能力の分散は必要じゃないかなっておもうんですよね。

 話がそれてしまいましたが、菊池雄星くんが、マー君みたいに大活躍してくれることを期待します。
  

スポンサードリンク

TOP >  スポーツ  >  菊池雄星、西部との交渉は

関連エントリー

TOP >  スポーツ  >  菊池雄星、西部との交渉は

スポンサードリンク


  検 索