ガソリン代、大幅は値下がりの可能性!

7月に147.27ドルという史上最高価格をたたきだした原油価格。この上昇によりガソリンの価格はうなぎのぼりになって、ずーと100円前後だったガソリン代が一時180円にまで上昇、このまま200円になるのは時間の問題だな〜と覚悟を決めていましたが、その後どんどん下落していき、先日なんと一時99.99ドルと、5ヵ月ぶりに100ドルを割り込みました!終値は101.18ドルで、なんとわずか2ヶ月で32%も下落するという事態になりました。

サブプライム問題が起ってから、世界の通貨や株、有価証券に投資されていた資金が穀物や原油に集中し、急激な値上がりになったわけですが、公的資金の投入の発表などによっていニューヨークダウが上昇、それにともなってドルも高くなりました。原油はドル建てで取引される為、ドルが高くなると原油を買う際に割高になってしまうわけなんですね。それで、買いが入らなくなったということが大きな原因のようです。

原油価格の上昇は、ほぼ全ての商品の上昇につながるわけですから、個人消費にブレーキをかけてしまいます。この下落で消費が増えることが期待されます。最近ではガソリンが高いということで車で出かける人が大幅に減少していますが、ガソリン代が連動して32%下落すれば、ガソリン代は120円代前半です。これなら車に乗る人も増えるでしょう。

となると、景気回復になるかなと期待してしまうんですが、この原油の下落は、世界経済の原則が原因にもなっているので、そう単純にはいかないようです。どちらにしても、ガソリン代が安くなるのは大歓迎です!

スポンサードリンク

TOP >  エトセトラ  >  ガソリン代、大幅は値下がりの可能性!

関連エントリー

TOP >  エトセトラ  >  ガソリン代、大幅は値下がりの可能性!

スポンサードリンク


  検 索