北の湖理事長は辞任免れない

露鵬・白露山の精密検査結果が出ました。陽性反応だそうです。ようするに複流煙とかじゃなく、本人が吸っているということが証明されたということになります。さて、これを受けて露鵬・白露山はそれでも吸っていないと言い張っています。

ちなみに、検査は公正に実施するために1つの検体をA,B二つにわけて、まずAを検査します。これで陽性となった場合、選手はBの検査を要求することができます。しかし、露鵬はこのB検体の検査を要求しないのだそうです。これは検査しても陽性になることが分かっているから、傷を深くするだけだと判断してのこととしか思えません。

弁護士もついていて、公正さにかけるとか言っていますが、日本で唯一、ドーピング検査に関して世界に認定されている信用ある調査機関の決定に対して信頼できないという言い方はいかがなものかと思います。さて、本人や親方がどういおうと、世間は「ふたりはクロ」という評価でしょう。

このようななかで、現在のままの相撲協会というわけにはいかないのではないでしょうか。まず、当然のこととして理事長は辞任するべきということですね。朝青龍のときもそうでしたが、対外的な点で、適任とはとても思えませんよね。全く危機感を感じませんし、コメントを聞いていてもまるで他人事のような受け答えで、一般の人間には理解できないようなことばかりです。

もっと開かれた相撲協会にして、相撲をもっと世界に広げていくべきでは?今年の新入門は数人だったそうです。このままでは相撲がなくなってしまいます!!早急な改革をお願いしたいですね。

ネクタイピンで渋く着こなす好印象術
品川クリニックでレーシック手術
足やせ 下半身ダイエットの方法 効果のあった簡単エクササイズ

スポンサードリンク

TOP >  スポーツ  >  北の湖理事長は辞任免れない

関連エントリー

TOP >  スポーツ  >  北の湖理事長は辞任免れない

スポンサードリンク


  検 索