室伏選手 銅メダル獲得なるか!!

北京オリンピックで5位であった室伏広治選手ですが、なんと繰上げで銅メダルとなる可能性がでてきたようです。これは2位のワジム・デビャトフスキーと3位であるイワン・チホンベラルーシにドーピングの可能性がでてきたのです。

しかも、銀メダルのワジム・デビャトフスキーは2000年にもドーピングで出場停止処分を受けている常連さんです。使用の疑いがある薬物はテストステロンで、、筋肉増強の高価があり、陸上や重量挙げなどでよく使用されるものです。

室伏選手はアテネオリンピックでも、最初は銀メダルでしたが、その後金メダルのアドリアン・アヌシュ選手にドーピングの疑いが出てきて、その後検査を拒否したためメダルを剥奪、繰上げで金メダルに輝きました。もし、今回銅メダルとなれば2大会連続ということになるわけですが、それだけドーピングが浸透してしまっている競技ということになってしまいます。禁止薬物は副作用があり選手を蝕んでしまいますし、公平な条件のもとで競技を行うという状況になくなってしまいます。

日ごろの鍛錬の成果を発揮するための大会というよりも、国の威信をかけてというものになってしまっているというところは最近のオリンピックのよくない点であるように思います。負けると国賊のような言い方をする国もありますし・・・。それに、メダルを獲得すると高額な賞金や待遇が受けられる国が多く、それもドーピングにつながっているのかもしれません。

[今日のオススメリンク]
明治プロテインダイエットの結果
入院保険のチェックポイント
風水で財布を選ぶ 金運アップの理由


スポンサードリンク

TOP >  スポーツ  >  室伏選手 銅メダル獲得なるか!!

関連エントリー

TOP >  スポーツ  >  室伏選手 銅メダル獲得なるか!!

スポンサードリンク


  検 索