民主党から離党、そして新党結成

民主党の大江康弘議員、渡辺秀央議員、そして、何かと話題に上ったあの姫井由美子議員の3名が離党届を提出しました。小沢代表のやりかたについては、党内でもいろいろと意見が分かれているということは良く言われていましたが、まさか離党まで考えている人がいたとは思いませんでしたね。とにかく、もうついていけないということのようです。

そして、今後については無所属である二人と全部で5名で改革クラブという新しい政党を結成したのです。これに対して、福田首相はとても喜んでいます。改革クラブの党首は渡辺秀央さんで、「民主党今の状況は見るに耐えず、エネルギーを結集しようとなった。2大政党の中に参院が埋没し、2院制の意味がなくなる」とコメント。小沢代表が無投票で続投することが決まったため、思い切ったようです。ごく少数ですが、影響はどうでしょうか?

そして、姫井議員は離党を取り消す可能性があるということですが、一体どうなるのでしょうか?それと、最近福田首相と今ひとつ仲がよくないというか、次は自民党が負けそうだから民主党となかよくなっておこうかという考えが見える蝙蝠のような公明党の動きも面白そうです。政治の世界は当分楽しませてくれそうです!

TOP >  気になること  >  民主党から離党、そして新党結成

関連エントリー

TOP >  気になること  >  民主党から離党、そして新党結成

  検 索