倖田來未さん フジテレビで謝罪の訳は

倖田來未さんが、フジテレビのニュース番組に出演しました

ラジオ(ニッポン放送)で「35歳を回ると羊水が腐る」と発言してしまったことついて、直ぐに自分のホームページに謝罪のコメントを掲載しましたが、さらにテレビにて謝罪しました。なぜフジテレビなのかというと、ニッポン放送はフジサンケイグループのラジオ局だからということだと思います。生放送ではなく収録のラジオ番組だったので、カットできたはずですから、放送局側にも責任があるという事も含めてでしょう。

この日の倖田來未さんは、白のブラウスに黒のスーツというフォーマルなファッション。インタビューに答えるという形で進められましたが、発言の真意は、「マネージャーに早く子供を生んで欲しかった」。それに対して普段からそのように思っていたのではないかという問いには、「本当に、全くそのようなことは心から思っていなかった」とコメント。
これは本当だと思います。

そして、辛い思いをした反応として、「子供が欲しくてもなかなか授からない人もいる」「私は37才で妊娠した」「私は母が35歳のときに生まれた。侮辱されているように思った」という言葉をもらったことだと述べました。

その上で、「普段から言葉の使い方が良くなかった。今後は言動というものを一つ一つ見返していかないとけない。」と涙を流しながら謝罪したのです。

まだ充分ではないという意見もあるそうですが、もう充分なんじゃないでしょうか?二十歳そこそこの女の子が、冗談のつもりで発言した一言に、そんなに目くじらたてて怒るようなこともないように思います。悪気ないのは分かってますし、しかも同じ女性ですし。


Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080208-00000002-sanspo-ent


[PR]
便利!ホームページ集
お役立ち「マル特」情報サイト集
斜視(外斜視・内斜視)の治療 手術の実際
東京賃貸マンション情報
近視手術 レーシック体験
チップとデール グッズ・壁紙

スポンサードリンク

TOP >  芸能2  >  倖田來未さん フジテレビで謝罪の訳は

関連エントリー

TOP >  芸能2  >  倖田來未さん フジテレビで謝罪の訳は

スポンサードリンク


  検 索