亀田大毅 弱かった・・・

亀田大毅選手は判定負けとなりました。最年少記録のかかった試合だったのですが、後半は反則技の連続、抱えて投げたり、死角でサミング(目潰し)とか、フェアーな試合とはいえない、信じられないような醜態をさらしてしまいました。

亀田大毅選手は、「負けたら切腹する」と試合前にコメントしていたので、「切腹しろ」という野次のなか、試合終了後はチャンピオンとたたえあう事もなく、何もいわずに控え室へと帰っていきました。亀田大毅選手本人からのコメントはありませんでしたが、お父さんから「この悔しさをバネに一から出直し」とのこと。

敗戦の原因は、なんといってもキャリア不足となるのですが、ボクシングに対する思いというものもあったかもしれません。亀田兄弟のなかで亀田大毅選手は、もっともボクシングに対して思い入れが弱く、父に言われてしかたなく練習していたそうです。これが反則にも繋がったのでしょうか。

33才の最年長防衛記録を作った内藤選手は、思ったより強かったとはコメント。チャンピオンらしい立派なコメントですね。でも、前チャンピオンに比べれば全然弱いとのことです。

とはいってもまだ18才。試合もたったの10試合。これで、チャンピオンと12R 戦ったわけですから、やっぱり亀田大毅は凄い選手であることには変わりないですよね。

Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000033-spn-spo

スポンサードリンク

TOP >  エトセトラ  >  亀田大毅 弱かった・・・

関連エントリー

TOP >  エトセトラ  >  亀田大毅 弱かった・・・

スポンサードリンク


  検 索