社会保険庁の対応 今後の年金は?

社会保険庁のズサンな事務処理や対応が浮き彫りになっています。当面の問題として、現在不明になっている年金や支払ったことが証明されな期間に関して救済するか否か、また、どのように立証するかという点が問題になっています。

おそらく、本人の申し立てによって全額支払うという方向になっていくと思うのですが、問題は、それ以降の事ではないでしょうか。今明らかになっていく数字を見れば、どう考えても年金財政は破綻しています。良く聞く話としては、「そうかもしれないけど、きっと国がなんとかしてくれるだろう」という意見ですが、国は魔法使いではありません。社会保険庁が解体されても、無いものは無いのです。

現在受給している方も、今後受給予定の方も、大幅な減額は確実です。法案も、大幅な減額で可決されています(あまり知られていませんが・・・)
自分の老後は自分で守るしかありません。くれぐれも年金はあてにしないで下さい!

スポンサードリンク

TOP >  エトセトラ  >  社会保険庁の対応 今後の年金は?

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/376

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

TOP >  エトセトラ  >  社会保険庁の対応 今後の年金は?

スポンサードリンク


  検 索