アスペルガー症候群の塾講師に懲役18年 何故残虐な少女殺人犯に・・・

アスペルガー症候群の塾講師に判決が下っりました。なんと懲役18年です。まだ小学生の少女を子供を守る立場の人間が殺害したにもかかわらずわずか18年服役すれば元の生活に戻れるとなれば、遺族の無念さは計り知れないものがあります。
アスペルガー症候群とは、医者のハンス・アスペルガーによって報告された病気です。症状は、対人関係の障害、他の人の気持ちを推測する力が不足する、運動機能の軽度の障害、特定の分野に対するこだわりなどがあげられます。いわゆる自閉症の軽度なものといった感じです。
アスペルガー症候群の方は、コミュニケーションの障害、限定された興味・関心といった症状により、社会生活に若干の支障をきたすのかもしれませんが、塾の講師を務めるほどですから、自分のやった事、その前後の理解力に問題があったのかというと、そうは思えないというのが正直な気持ちです。将来のある小学6年生、まだまだ成長段階の小学六年生の言動に反応して講師が生徒を殺害という行為はアスペルガー症候群だからという理由で許されて良いのか・・・・。賛否分かれるのかもしれません。

スポンサードリンク

TOP >  世の中の事  >  アスペルガー症候群の塾講師に懲役18年 何故残虐な少女殺人犯に・・・

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/241

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

TOP >  世の中の事  >  アスペルガー症候群の塾講師に懲役18年 何故残虐な少女殺人犯に・・・

スポンサードリンク


  検 索