統合失調症(精神分裂症) 症状と治療、予後 

統合失調症は、2002年までは精神分裂症と和訳されていました。しかし、精神分裂という言葉から、「精神が分裂→理性が崩壊する病気」というように、間違って理解される事が多いため、精神分裂症から統合失調症に変わったのです。
症状は様々で被害妄想、追跡妄想、被害妄想などのほか、自分が王族の血統だと思い込む、自分が重い病気だと思い込む等の妄想、幻覚や幻聴等、自我意識の障害、無関心、意欲低下、抽象的思考困難など、多くの症状があります。原因は現在わかていません。

統合失調症の治療は、抗精神病薬の投与が行われ、近年新しいタイプの薬も開発され、効果も挙げていますが、副作用もあり、注意が必要です。

統合失調症は、重度の場合常時介護が必要であり、入院が必要となりますが、施設の整った専門医が少なく、今後の整備を急ぐ必要があると思います。


スポンサードリンク

TOP >  エトセトラ  >  統合失調症(精神分裂症) 症状と治療、予後 

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/232

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

TOP >  エトセトラ  >  統合失調症(精神分裂症) 症状と治療、予後 

スポンサードリンク


  検 索